日本僑報社TOPへ
開催報告

第2回日中出版界友好交流会 東京で開催
   

中国図書の海外出版と翻訳の役割、翻訳出版と日中交流促進
 

 7月5日午後東京で開催された第二回中日出版界友好交流会で、中国出版界訪日団団長、人民出版社常務副編集長陳亜明氏が基調講演し、中国の日本からの図書翻訳は一年間約2000冊であることを紹介した。
 第二回中日出版界友好交流会(主催:環球新聞出版発展有限公司・日本僑報出版社、共催:日中翻訳学院、後援:日中協会、NPO日中交流支援機構)が中国出版界代表団(陳亜明団長)17社26名ほか日中の関係者、報道関係など多数が出席し開催された。
 今回の交流会は、日本僑報出版社編集長兼日中翻訳学院創始者の段躍中氏が司会を務め、陳亜明氏の他、栄慶祥中国出版研究院副院長、彭江傑上海世紀出版股份有限公司辞書出版社版権部主任及び三潴正道麗澤大学教授、渡辺明次梁祝文化研究所所長らも報告した。

  人民日報(国際部、中国語)

 
 
交流会で基調講演する陳亜明氏と来賓の皆さん
熱唱する島田晴雄千葉商科大学学長

 中国側代表陳亜明団長は中国出版界と日中文化交流の歴史と現状、将来の日中出版界の相互交流発展について基調講演した。
日本側来賓代表として社団法人日中協会白西紳一郎理事長、瀬野清水前重慶総領事、小阪裕二日中文化交流協会事務局次長、島田晴雄千葉商科大学学長、田中寛大東文化大学教授兼埼玉県日中友好協会会長らが出席し挨拶した。高原明生東京大学教授兼新日中友好21世紀委員会委員は書面の祝辞を寄せられた。
陳亜明氏は基調講演で次のように述べている。「日本は世界の出版大国であり、東京国際ブックフェアはすでに20回を数え、毎年7月のこのブックフェアはアジアの出版界の一大行事となっている。改革・開放政策の進展にともない、特に近年の企業改革は順調に進み、中国出版界の対外交流も活発化している。2011年に限っても、中国の日本からの図書翻訳はほぼ2000冊(1982冊)にのぼり、日本は中国の図書翻訳の第三のパートナーとなっている。同時に、中国の優れた図書もますます日本に紹介され、その数も増加している。中日出版界の交流の進展により、より多くの中国と日本の読者がお互いに優れた図書に出会い、両国の相互理解と友情が深まることを願っている」。

 
 
交流会で挨拶する白西紳一郎理事長
交流会で報告する三潴教授
 


中国語報道  
関連報道
人民网――第二届中日出版界友好交流会在东京举行
 

人民日報(国際部、中国語)
http://world.people.com.cn/n/2013/0708/c1002-22109077.html

香港大公報(中国語)
http://news.takungpao.com/world/roll/2013-07/1748504.html

参考消息(中国語)
http://world.cankaoxiaoxi.com/2013/0708/235822.shtml

新華社ネット(中国語)
http://japan.xinhuanet.com/jpnews/2013-07/08/c_132521853.htm

新華社ネット(日本語)
http://jp.xinhuanet.com/2013-07/08/c_132521526.htm

チャイナネット(日本語)
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2013-07/08/content_29358520.htm

人民中国ネット(日本語)
http://www.peoplechina.com.cn/xinwen/txt/2013-07/09/content_554515.htm

 人民网东京7月5日电(记者田泓、刘军国)为纪念《中日和平友好条约》缔结35周年,由中国环球新闻出版发展有限公司、日本侨报出版社主办,日中翻译学院协办,日中协会、NPO法人日中交流支援机构支持的第二届中日出版界友好交流会,7月5日在东京都文京区政府大厦举行。中国出版代表团团长、人民出版社常务副总编陈亚明,日中协会理事长白西绅一郎等各界人士约70人出席,与会人员就翻译在中国图书走向世界过程中的作用、翻译出版与中日交流等进行了探讨。

改革开放的中国越来越受到世界的关注,越来越多的中国好书在出版发行。如何让中国的声音在回响世界?如何让世界各国的读者能够以他们喜闻乐见的语言和阅读方式去认知中国,这就是翻译在中国图书走向世界过程中的重要作用。本次交流会以“翻译在中国图书走向世界过程中的作用”为主题,邀请在汉译日领域有丰富经验和显著成果的日本专家和译者,与中国出版界代表团交流,探讨如何通过翻译出版中国好书,推进中国图书走向日本的方法,同时为如何促进中日文化交流、改善中日关系贡献力量。

日本丽泽大学三潴正道教授2005年以来仅在日本侨报社就翻译出版了八本有关中国的好书,其中系列图书《必读!有趣的中国》最为注目,日本主流媒体《朝日新闻》、《每日新闻》和NHK广播电台等多次报道。该系列图书每次由30多名译者从《人民日报》大量的文章中选择60篇共同翻译,被称为认知中国的著名品牌图书。三潴教授还成立了NPO法人日中翻译活动推进协会而立会,并且出版了大量有关中文教学和汉译日的著作。

日本梁祝文化研究所所长、翻译家渡边明次,2002年退休后前往北京外国语大学留学,教材中偶遇《梁山伯与祝英台》,萌发寻访“梁祝”遗迹动机,2005年利用学校假期遍访中国境内17处梁祝传说遗存地,用中文撰写的调查报告作为毕业论文,被北京外国语大学国际交流学院评为本科留学生优秀毕业论文。2006年渡边回到日本后,成立了梁祝文化研究所,出版了《梁山伯祝英台传说》、《小说梁山伯与祝英台》、《梁祝口承传说集》和《孟姜女传说》。

日中翻译学院2008年成立,先后开办了中译日和日译中高级班6个,参加学习的日中译者近300人。包括现在活跃在中日交流第一线的部分日本著名媒体记者也在翻译学院学习过。学院为日本译者提供翻译出版中国好书的机会,已经有7位日本学员出版了他们的处女译著。

日中协会理事长白西绅一郎,原日本驻重庆总领事濑野清水,日中文化交流协会事务局副局长小阪裕二,庆应大学名誉教授、千叶商科大学校长岛田晴雄,埼玉县日中友好协会会长、大东文化大学教授田中宽等出席并且致辞。东京大学教授、新日中友好21世纪委员会委员高原明生等发来了书面贺词。

人民出版社常务副总编陈亚明,中国出版研究院副院长荣庆祥,上海世纪出版股份有限公司辞书出版社版权部主任彭江杰等中国出版社代表在会上进行了专题发言。交流会由日本侨报出版社总编辑兼日中翻译学院创办人段跃中主持。

 


会社案内 段躍中のページ : 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-17-15湖南会館内
TEL 03-5956-2808 FAX 03-5956-2809■E-mail info@duan.jp
広告募集中 詳しくは係まで:info2@duan.jp このウェブサイトの著作権は日本僑報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。